卓話


上半期を終えて

2022年1月26日(水)

幹事 國分 晃君


 2022年1月26日例会、2月2日例会、2月9日RI創立117周年記念例会兼家族会を休会とさせて頂く事になりました。竹中会長年度、濱口会長年度、そして小島会長年度と、新型コロナウィルス感染症に伴う例会休会は、東京都の緊急事態宣言発令期間という基準において判断しておりましたが、今回はまん延防止等重点措置適用を以って例会休会と判断をさせて頂きました。オミクロン株の東京都感染者1万人という事態に対して、その重症化率は比較的低いという事は言われておりますが、会員皆様の安心安全を最優先と考えた時、大変残念ながら小島会長のご判断により休会とさせて頂きました。

 プログラム委員会には、ノーベル化学賞 野依良治氏、三菱一号館美術館上席学芸員 安井裕雄氏の卓話、国際奉仕委員会には、夜間例会のご準備を進めて頂いたにも関わらず休会とした事、心よりお詫び申し上げます。会員皆様のご理解を賜れればと存じます。 週報に寄稿をさせて頂く機会を頂戴しましたので、「上半期を終えて」というテーマで2021年7月からの小島会長年度の半年を振り返らせて頂きます。

 2021年7月7日初例会において、小島会長挨拶では「絆」をテーマとし、魅力あるロータリーを目指す方針を会員皆様にお伝えし年度をスタートする事が出来ました。しかしながら東京都の7月12日〜8月31日を期間とする、第4回目の緊急事態宣言発令の為、7月14日例会からすぐに休会となりました。

 7月21日ガバナー公式訪問の第2回クラブ協議会はリアルで開催、第2580地区若林英博ガバナーご出席の中、地区の「大きな目標」5項目に沿った各委員会計画を担当委員長よりご説明頂きました。この間7月23日〜8月8日東京オリンピック、8月24日〜9月5日パラリンピックが無観客開催されました。緊急事態宣言は9月30日まで延長され、ようやく例会を再開できたのは10月6日となりました。

 10月13日職業奉仕見学会では、鳥井職業奉仕担当理事ご紹介により、サントリー美術館の見学を行いました。10月20日東京RC創立101周年記念夜間例会兼家族会においては、北原幸男会員のご紹介により、Muse Ensembleによる弦楽演奏を楽しむ事が出来ました。 第1回新入会員歓迎炉辺会合は、日程を変更して11月17日に開催しました。久しぶりの炉辺会合であった為、多くの新入会員ご家族にご出席頂きました。11月21日には川越RC創立70周年記念式典に小島会長と私が出席し、小島会長が祝辞を述べられました。11月24日第1回クラブフォーラムでは、チャレンジ110のプロジェクトテーマについて林チャレンジ110担当理事より、キャッシュレス決済導入について浅川IT・HP委員会委員長よりご説明を頂き、会員皆様にご意見を伺う事が出来ました。

 12月22日には上半期最終例会兼クリスマス家族会を開催しました。コロナ感染対策の為、会員と配偶者のみのご参加とさせて頂き、お子様、お孫様を交えての賑やかな会に出来なかった事は残念でしたが、2年ぶりのクリスマス家族会となり日本フィルハーモニー交響楽団 千葉清加&フレンズの皆様の演奏を楽しむ事が出来ました。

 2022年となり、1月12日新年初例会においては、三枝成彰会員のご紹介によるオペラ歌手 ジョン・健・ヌッツォ氏のオペラコンサートを楽しむ事が出来ました。

 年度期間残すところ5か月余り、取り組む事項について書かせて頂きます。

 先ず、新型コロナウィルス感染症対策への社会奉仕活動として、田辺社会奉仕担当理事を中心にCO2濃度センサーをコロナ基金、一般会計余剰金の一部より資金拠出し、東京23区小・中学校に1500個寄贈を計画しております。CO2濃度センサーは現在品薄となっておりますが、松谷高顕会員のご紹介により機種も決定し、最終理事会承認の後に2月中旬の寄贈実施を計画しております。小島会長と中央区長である山本人会員、他寄贈先の区窓口の方にご出席を頂く贈呈式を行い東京ロータリークラブの社会奉仕活動を広報する機会としたいと考えております。

 3月2日・3日には地区大会が予定されておりましたが、新型コロナウイルスの感染拡大に鑑み5月31日に延期となりました。地区大会において、チャレンジ100橋本委員長による報告会を予定しております。3月16日の例会は「東北すくすくプロジェクト報告会」として、チャレンジ100の最終活動報告を予定しております。

 4月6日例会は、第2580地区千代田グループ合同例会となります。これは千代田グループIMの代替として企画されたものですが、元厚生労働事務次官 村木厚子氏を卓話者にお迎えし「障害者雇用」についてお話頂く予定です。障害者雇用支援はチャレンジ110のプロジェクトテーマ候補となっており会員皆様のご理解を得る機会になればと考えております。4月27日例会は、辰野克彦RI理事を卓話者にお迎えし、「RIの未来構想」についてお話頂く予定です。同日の第2回クラブフォーラムにも辰野RI理事にご出席頂き、会員皆様と「RIの未来構想」について意見交換して頂く予定です。

 新型コロナウィルス感染症オミクロン株がピークアウトし、例会を早期に再開できる事を願っております。理事、各委員会委員長、地区役員、会員皆様、事務局の方々の引き続きのご理解ご協力をお願い申し上げます。