卓話


東京RC創立88周年記念例会兼家族会(夜間)
会長挨拶
花房晴美さんピアノコンサート

2008年10月22日(水)の夜間記念例会兼家族会の卓話です。

東京ロータリークラブ
会長 黒川光博君

 皆様のお力添えのもと3ヶ月半ほど経過いたました。

 本年度は、米山記念奨学事業の意義を改めて見つめ直し、この世界に誇れるプログラムを創設した東京ロータリークラブとして、一層の協力をしていきたいと7月の会長挨拶で申し上げさせて頂きました。

 米山月間例会に元米山奨学生、姫(ジ)さん【中国出身:弁護士】に卓話をお願いし、その後、やはり元米山奨学生の鄭(ジョン)さん【韓国出身:再生不良性貧血という難病と闘いながら勉強を続けている】、アブディンさん【スーダン出身:全盲】、現役奨学生、高さん(カオ)【中国出身】にも参加頂き、クラブフォーラムを開催いたしました。

 約60名の会員ご出席のもと、この事業がどれだけ自分達に大きなものを与えてくれたかという大変感動的なお話しを聞かせて頂く場となりました。詳細は、後日お配りする記録をお読み頂きたいと思います。

 私も皆さんのお話しを伺って、米山奨学事業の意義を更に強く認識できました。東京ロータリークラブの会員として今まで米山奨学事業に関わってこられた方々に心から敬意を表します。

 当日、お話しを頂いた方々に代表される、このような米山奨学生のお役に少しでもたてているのなら、この事業に大変誇りを感じます。一層、米山奨学事業のバックアップに力を注いでいきたいと考えております。

東京RC創立88周年記念例会兼家族会

花房晴美さんのピアノ演奏