卓話


東京ロータリークラブ創立96周年記念例会兼家族会
会長挨拶

2016年10月26日(水)

東京ロータリークラブ
会長 岡本多計彦君


 本日は東京RC創立96周年の記念例会です。会員及び御家族の皆様合わせて 216名の御出席をいただきました。誠にありがたく存じます。

 今年もあと2ヶ月を残すのみとなりました。一年を振り返ってみますと、今年も様々な災害がございました。諸戸前会長、加藤さん、壬生さんと歴代会長のご挨拶でも、その年に起きました災害について触れていらっしゃいます。

 壬生さんの時は、伊豆大島での台風の被害により、未だに多くの行方不明の方がいらっしゃいます。加藤さんの時は、大雨による広島での大規模な災害、そして御嶽山の突然の噴火で登山客の方がお亡くなりになりました事は、記憶にまだ新しいところでございます。諸戸さんの時は、記録的集中豪雨により鬼怒川が氾濫し、周辺の市町村に大きな被害をもたらしました。

 そして本年4月14日、熊本で大きな地震が起こりました。関連死を含めると120名の方がお亡くなりになり、多くの家屋が倒壊、熊本城も無残な姿になりました。そして夏には、普段台風とは無縁な北海道が直撃を受け、農産物に多大な被害をもたらしました。

 日本は島国であり火山列島ですが、この様な現象は日本に限らず、近隣諸国においても発生しています。東南アジアでも、遠くはイタリアでも大地震がありました。今、地球で何かが起こっているという事を考えざるを得ません。日頃の生活に十分お気を付ける事が必要かと存じます。

 一方、明るい話題では、リオのオリンピック・パラリンピックでの日本選手の活躍が御座いました。スポーツの持つ素晴らしさに改めて感動いたしました。

 次は東京です。当クラブの会員の中には、東京オリンピック・パラリンピック大会の御関係者の方も沢山いらっしゃいます。ぜひ心に残る大会にして頂きたいと存じます。  今夜は帝国ホテルさん、吉兆さんがコラボレートしたお食事です。そして藤原歌劇団の皆さんによるオペラの名曲、どうぞご鑑賞ください。