卓話


夢があるから強くなる

2014年2月5日(水)

公益財団法人日本サッカー協会
キャプテン 川淵三郎氏


 サッカーは、今でこそ日本の皆さんに理解していただいていますが、Jリーグ立ち上げの頃、マスコミの皆さんから「野球には9回裏の逆転サヨナラ満塁ホームランがあるけれども、サッカーにはない」とよく言われました。それが1993年の「ドーハの悲劇」――94年のワールドカップアメリカ大会アジア最終予選で日本代表がロスタイムでイラクに引き分けて一瞬のうちに本大会に参加できなくなり、日本中が天国から地獄を味わった試合――で、とても残念な結果でしたが、サッカーにも一瞬でそうしたことが起きることを日本の多くの人にわかってもらったということに意味がありました。その時の視聴率はテレビ東京史上最高の48.1%を記録しました。

 W杯は1930年にFIFA(国際サッカー連盟)が始めました。当時のジュールリメ会長が「五輪とは別の大会を」とウルグアイで第一回目を開催。第二次世界大戦後、50年大会はブラジルで開催され、決勝戦は収容人員18万人という世界最大のマラカナンスタジアムでウルグアイとブラジルが戦い、実際には25万人がつめかけたと言います。ところがブラジルが負けてしまい、そのショックで自殺者まで出たほどです。

 日本が初めてW杯を目指したのは54年のスイス大会で、アジア予選には韓国も参加意向を示しました。予選はホームアンドアウェーで2試合行うのですが、李承晩大統領が日本代表の入国を認めず、「もしも負けたら、玄界灘に身を投げろ」と日本で2試合行うことで韓国の参加を許しました。予選で日本に勝った韓国も本大会では大敗。世界との差が歴然とありました。

 そして、次に出場の可能性があったのが、先に話した94年アメリカ大会でした。アメリカでの開催の背景は、アベランジェFIFA会長のアジアやアメリカでサッカーを発展させることがサッカー界の発展につながるという先見の明によるものでした。

 W杯の時期はなぜかサミットと重なります。90年のサミットのときは、W杯決勝がドイツ対アルゼンチンで、コール首相が代表を応援しに行きサミットに遅れましたが、各国トップはそれを許しました。印象深いのは94年のナポリ・サミットです。当時、日本は村山首相で、サミットではサッカーが話題になるだろうから何か面白い話がないかと秘書官が相談に来ました。イギリス首相にはリネカー選手、ドイツ首相にはリトバルスキー選手、イタリア首相にはスキラッチ選手、と世界的に有名な各国代表選手が93年にできたJリーグで活躍していることを、そして、フランスのミッテラン大統領には、地区予選でタイムアップ寸前に敗退して本大会に行けなかったフランスは日本の仲間だという話題を提供しました。村山首相はその話をしっかり記憶していたのですが、それを話す予定だった昼食会に、残念ながら体調を崩して出席できなかったそうです。

 98年のフランス大会以降、日本は5大会連続で出場しています。68年に日本はメキシコ五輪で銅メダルを取りましたが、その後日本は28年間もアジア予選を突破できなかったのです。しかしJリーグができて日本のサッカーは飛躍的に変わりました。

 本田圭佑選手は夢を実現して世界の檜舞台に出たいい例です。小学6年の作文で「セリエAに行って背番号10を」と書いています。Jリーグが始まって4年目、カズが当時の世界一のセリエAにいた頃です。そうした夢を持つことはいかに素晴らしいことかと思います。

 サッカーの世界にはシーリング・エフェクト(天井効果)という言葉があります。チームにお山の大将である優秀な選手がトップにいると、中間層の選手が一番伸びるけれども、逆にトップの選手は天井効果が働いて下手になるという意味です。優秀な選手が更にレベルアップするには、ヨーロッパのトップリーグに行き、うまい選手が沢山いる中に入ることが必要です。本田、長友、長谷部がそのいい例です。

 6月のW杯に向けて日本代表の一番のポイントは、選手たちが海外のレベルの高いクラブでレギュラーとして活躍できるかどうかです。チームを、選手の国際性や実力などをあわせた総合力、戦術的実力、パフォーマンスの3つのポイントで見た場合、98年フランス大会の代表チームを基準におくと、2002年はトルシエ監督で、選手の国際性は上がり、戦術的にも、パフォーマンスも良くてベスト16になった。2006年は史上最強のチームと言われたけれど、パフォーマンスが今ひとつで、予選リーグで敗退。2010年はレベルが更に上がり、岡田監督の采配も良かった為、ベスト16に残りました。今回は、海外でプレーしている選手が歴史上初めて8〜9人起用されるでしょう。攻撃面も良く、いまのチームは過去のどのチームよりも強いことは間違いありません。パフォーマンスが良ければ、ベスト8、4にいく可能性を秘めています。


    ※2014年2月5日(水)の卓話をクラブ会報委員が纏めたものです。